ミミのコミュ障の治し方教室 ☆コミュ障克服体験談ブログ☆

コミュ障、社交不安障害のまま生きることは一番幸せとは程遠い状態になります。コミュ障をなんとしても克服して幸せな人生を送れるようにこのブログや私の体験談が役立つことを願っています。

人見知りとコミュ障の治し方 過去のトラウマ、苦手意識が形成された負のエネルギーを沈めれば治る!

子供の頃の人見知りは、生来の性格もありますが、大人になってから人見知りが続いているようでは、それはもう性格ではなく、一つの精神疾患かもしれません
社会不安障害(社交性不安障害)、対人恐怖症といった類のものです

 

コミュ障もそうで、単純に苦手意識だけでは片付けられないほど、人生にマイナスの影響を与えてしまいます
コミュニケーション障害の略なわけなので、いわゆる○○障害なわけですし、これも精神疾患でしょう

 

精神疾患と書くとそんな大げさな!と言われるかもしれませんが、○○障害なのは間違いないところですし、自分がそこまで追い詰められていることを自覚することは大切だと思います
そうしないと、ずるずるとコミュ障や大人の人見知りを患いながら、克服する気も起きないまま、人生がさらに苦しくなっていくことになりかねません

 

大人になってもコミュ障、人見知りな人は、大人になるまでの間に人間関係を不得手にするトラウマがあるはずです!
大小のトラウマがあり、これが完全に脳内に定着してしまったから、どうしても人見知りになってしまうし、コミュ障なわけですね

 

自分の考えでは人見知りにはなりたくないし、コミュ障であってはならないと思っていますし、何とか克服しようと頑張ろうとするけれど、『どうしても』できないのは、負のエネルギーがあるからです
「どうせ」「やっぱり」「自分なんか」というフレーズがついてまわっていませんか?

 

どうしてもできない、だから諦めてしまう
負のエネルギーがどうしても出てきてしまって、コミュニケーション上手な人に劣等感を感じてしまう
話しかけようとしても不安や恐怖、話しかけても不安や恐怖……
これはすべてトラウマや苦手意識が形成された人生が作り上げたものです

 

話しかけても無理だと思ってしまっているし、話しかけなくても、すでに「だめ」なことはわかっているんですね
勇気を出して話しかけても、そんな不安や恐怖だらけの自分では受けも悪くなります
つらいだけです
これを繰り返してしまってきているから、どう頑張っても無理だと悟っているわけですね

 

自分の意思で解決できない悩みは、精神疾患、○○障害です
コミュ障や大人の人見知りは、まさに社会不安障害、社交性不安障害、対人恐怖症という神経症です
だから、負のエネルギーがどうしても起きてしまう潜在意識から、原因を排除しなければ何も始まりません
もう無駄な努力をする必要はないですし、潜在意識から解決し、脳内から『苦手意識』が払拭されたら、過去の自分から完全に自由になれます

 

 

コミュニケーションスキルや話し方スキルをこれまで学んできたと思いますが、そこで初めて知識が役に立ちます
知識だけではコミュ障や話し方を克服できません
コミュ障や話し方の治し方は、スキルやテクニックではなく、トラウマ破壊と負のエネルギーを内面から沈めてあげることです

 

これまで頑張ってダメだったら、もうそこしか治し方は残っていません

 

mimicommunication.hatenadiary.jp

 

 

mimicommunication.hatenadiary.jp

 

 

mimicommunication.hatenadiary.jp

 

 

mimicommunication.hatenadiary.jp

 

 

mimicommunication.hatenadiary.jp

 

 

mimicommunication.hatenadiary.jp