ミミのコミュ障と人見知りの治し方教室 ☆コミュ障克服体験談ブログ☆

コミュ障、社交不安障害のまま生きることは一番幸せとは程遠い状態になります。コミュ障をなんとしても克服して幸せな人生を送れるようにこのブログや私の体験談が役立つことを願っています。

人見知りとコミュ障の治し方教室シリーズ 緊張はどう対応すべきか

人見知りとコミュ障を治す方教室開講

人見知りとコミュ障の治し方教室開講

どう喋ったらいいのかばかり考えるともっと話せなくなる


人見知りでコミュ障の人ほど、他人と同じ空間にいた時、何をしたらいいのか、どう喋ったらいいのか、それとも平然を装えばいいのか、なんて考えてしまいます

 

とても苦しい時間なことに変わりはないので、ここをどうにか解決したいですよね

 

どう対応したらいいのか考えれば考えるほどわけがわからなくなるものです

 

緊張が人見知りとコミュ障のもと

緊張が生まれてもっとぎこちなくなります

 

人見知りやコミュ障の人は、自動的に生じる緊張を解決しない限り、普通に話すことが難しいのも事実です

 

緊張が普通の動きを乱してしまいます

 

まして会話だったら流れが止まるだけです

 

緊張はしてもいい。過緊張状態に突入しないためにしてはいけないこと

 

だから緊張が起きない体質にしていくことが大事!

 

緊張をゼロにしようとするのではなく、緊張してもいいという心構えが必要です

 

それが緊張を起こさない考え方です

 

緊張しなければ人見知りもコミュ障も治ると思ってはダメです

 

緊張があっても当たり前なのだから、緊張と仲良くなることです

 

起きたらしょうがないと考えを持つことです

 

そこから解決の道のりが始まります