ミミのコミュ障の治し方教室 ☆コミュ障克服体験談ブログ☆

コミュ障、社交不安障害のまま生きることは一番幸せとは程遠い状態になります。コミュ障をなんとしても克服して幸せな人生を送れるようにこのブログや私の体験談が役立つことを願っています。

会話の格闘術とあがり症・社交不安障害の克服プログラムを受けての感想vol.3 鬼才岩波英知の革命的セッションの効果

革命的セッションの効果と体験談

無意識からトラウマや、人間関係がうまくいかない心のわだかまりを処理してくれました
あとは話し方の方法と会話を武器に高めるノウハウも教わった
私の場合、緊張しやすい体質で、
思春期から社交不安障害で会話が苦手だと思っていたけれど、
ちゃんと理由があることに気づいた

特に私の話し方、社交不安障害への認知の歪みはひどく、私でも自分であきれるくらいだった
(でも、悩んでいると、どんだけ自分がまずい考えをしているのかわからないんですよね~)
気づかせてくれる人がいないと、一人で悶々とするだけで
会話や社交不安障害の問題は解決しないと思う

私の先生は誰とでもうち解けていて、みんな好いていたから、すごい人だと思った
私もすぐに岩波先生のファンになったし、わんさか人が通っていて驚いた
それでも、受けられない人がたくさんいるそうで、先生もそろそろプログラムを開催しなくなるかもしれない

岩波英知先生は会話にコンプレックスは全くなく、
どんな相手でも人間関係を良好に持って行ける人だし、岩波先生を知っている人はみなそう感じている
どんな場所に行っても先生のことをみんな覚えているし(一度しか言っていないレストランとか)、
すぐ仲良くなる
かっこいい!
トラウマ処理は、ルーツ分析をすすめていって、
しっかり原因とそれによる後への悪い影響を把握することをすすめていきました
と同時に、しっかり見つめていくことで、心の重しをとっていくことをした
私の社交不安障害の過去、表情恐怖症も併発して苦しかったこと、悔しかったこと、
悲しかったこと、もう死にたくなったこと
それらで気持ちが溢れそうになったけれど、心が同時に楽になっていった

都合の悪いことって、目を背けたくなるけど、
あえて切れ込んでいくことではじめて消化していくんだと思った
だから、心も体もものすごく軽くなった
小学生の時までは当たり前に感じていて、意識すらしていなかった軽さだった
ほんとうに感動しました
私でも変われるという保証を得られたから

同じプログラムに通っている人は、殆どの人が心の重しをとって、すっきりとした表情になっていった
私もその仲間入りできたことは、とても大きなことだった
私でもできるんだ! 人生を諦めなくて済むんだ!

暗示も深層心理に入れました
聞いたあとは、理由もなく不思議と前向きになった自分に気づいたり、
少しのことでもへこたれないぞ!という強さを感じたり、
驚きの連続でした

たくましさ、何が来てもへっちゃらっていう頼もしさを自分に感じられました

そう、少しのことでは私は傷つかないし、どうってことない!
そんな考え方はすっごく重要です!
悩みをゼロに持っていくことに無駄な努力をするよりも
悩みがあってもどうってことないという考えの方が
はるかに効率の良い考えなんですね

私の知る限り、劇的に社交不安障害や他の神経症の悩みが改善している人は、
みんなそうやって強くなって卒業していっていました

私の場合は社交不安障害で、口下手で、人間関係もなかなかうまく築けなかったから、
「人がどう思おうが関係ない、自己主張をし、思ったことをいうぞ!」といった感じを
脳に入れ込みました。


あとは、
深い無意識がのぞける状態に誘導されて、心の抑圧を発散していきました
トランス状態のあとは、すごく気持ちが楽でした
(最初は驚きが先に来たけれど、次第にどういうものかわかってくると衝撃が少なくなって、
最上の心地よさを得られるようになります
脳覚醒状態と入ったものですね)


トラウマに直面するということは、普通に考えたら怖いことなんだけど、それに打ち勝たなければ強くなれないし、
強くなれば、トラウマもなくなることを教わって、私は意識をこう変えた

「うまく会話しよう、よく思われようと頑張るよりも、うまくいかなくてもいい、
どうでもいいという強さを身につける、傷つくことを恐れず、いまさら会話で失敗してもどうってことない、
失敗しながら生きていこう」

という覚悟を持とう!!!!!

これが大成功の源で、トラウマ処理とともに心がどんどん強くなれたと思う
心の傷が癒えていきました

現実の生活でも失敗しても傷つくことが少なくなり、
プラスの経験値が増えて、自信が得られていったから、次第に強さを感じられるようになっていきました
自分に強さを感じられるなんて!
これはお金と時間をいくらかけても得られない貴重な体験でした

次へ

 

 

 

mimicommunication.hatenadiary.jp

 

 

mimicommunication.hatenadiary.jp